名古屋、愛知、東海地方の自費出版なら、みずほ出版へ!

本づくりの基本用語

知らなくても構いませんが、知っていると出版社とスムーズに打合せできる基本用語をまとめました。

判型

本のサイズのこと。本の内容によって相応しいサイズがあり、写真集・画集などは大きく、文字を中心にしたものは小さいサイズで作るのが一般的。

判型 サイズ 本の内容
A4判 210×297mm 写真集・画集・絵本など
B5判 182×257mm 写真集・社史・記念誌など
A5判 148×210mm 自分史・詩歌集・学術書・専門書など
B6判 128×182mm 自分史・小説・エッセイ・句歌集など
四六判 127×188mm 自分史・小説・エッセイ・句歌集など
A6判 105×148mm 文庫本

書体

文字の形の種類。明朝体、ゴシック体、楷書体、行書体、イタリック、ローマンなど、いろいろありますが、基本となるのは「明朝体」と「ゴシック体」です。本文では明朝体を用い、見出しなどにはゴシック体を使用することが多いようです。詩集など文字量が少ない場合には、教科書体を使用するといいようです。

明朝体 (写真)書体見本 明朝体
角ゴシック体 (写真)書体見本 角ゴシック体
丸ゴシック体 (写真)書体見本 丸ゴシック体
楷書体 (写真)書体見本 楷書体
教科書体 (写真)書体見本 教科書体

ポイント・級

文字サイズの単位。8ポイントとか、10級などと表し、数字が大きくなるほど文字が大きくなります。一般的に8〜11ポイントがよく使われますが、読者対象や内容によって決めましょう。

装丁

書物を綴じて、表紙・見返し・扉・カバーなどを付け、本として整えること。使用する紙から書体、レイアウト、製本材料の選択までを含めて装丁ですが、一般的には表紙カバーデザインのことを、装丁と呼ぶことが多い。

校正

誤植(文字・記号の間違い)や脱字(文字・記号の抜け)、写真、レイアウトをチェック・修正すること。1回目を初校、2回目を再校といいます。見落とすと、間違えたまま本になってしまいます。

奥付

題名、著者名、発行日、出版社、印刷所、製本所などを一括して記載した部分。本文が終わった後に付ける。

各部の名称

(写真)本の各部の名称

製本

糸・針金・接着剤などで綴じて表紙を付け、本の形にすること。上製本(ハードカバー)と並製本(ソフトカバー)があります。

(写真)上製本

上製本
本文と表紙を別に作り、ボール紙に紙・革・布などを貼り合わせた表紙を、本文より少し大きく仕上げる。開きやすく、強度にすぐれています。

 

(写真)並製本

並製本
厚紙の表紙で本文をくるみ、同じ寸法で仕上げます。上製本よりも工程が簡略なため、時間・コストを抑えることができます。

ノンブル

ページ数を示す数字のこと。

キャプション

写真やイラストの説明文のこと。

このページの先頭にもどる

立ち読みコーナー

電子出版のご案内